メンズ

イベントを盛り上げるコツ

イベントを開催するとき、著名なゲストを招いて講演を開いてもらえれば、イベントは盛り上がります。もちろん相場に応じた講演料を払う必要はあるので、予算内で呼べる人に限られます。あらゆる事態を想定して用意周到に準備することが、イベントを成功させる秘訣です。

男女

業績低迷の突破口

業績が伸び悩む企業が相談したいのが、講師紹介業者です。現在抱える弱みに最適な講師を提案してもらうことで、業績向上をもたらすセミナーを開催できます。業者は講演料の相場や諸費用、講演テーマに沿って講師を紹介してくれるため、社員の質を確実に高められます。

講義

講演会は講師で決まる

企業が講師を呼んで講演会を開く場合、講師が所属する団体や企業に講演依頼をします。有名講師は講演料の相場が高いです。ただし、講演料が高い講師は、知名度が高いので集客力が高く、公演会を開催するコンセプトに対して効果が上がります。

ウーマン

講演で把握しておくこと

講演料の相場は、講師の知名度や専門性によって大きく異なります。一般的な講演を行う場合はそれに適した相場がありますが、講師が有名人であったり、専門知識を持つ人材であれば講演料は高くなります。このような講演料の相場を把握していれば、講師に対して失礼のない対応ができ、準備もスムーズにできます。

男の人

依頼時に知っておくべき

講演料の相場は講師の知名度と講演の内容により大きく左右されます。知名度がある方が講演料は高くなる傾向にあります。ただ話すだけよりも研修やセミナーなどの方が料金は高めです。依頼時に知っておくことで予算との兼ね合いが考えやすくなり、失礼とならないようにすることもできます。

講師を招いて本格的な講演

男性と女性

料金の決め方やメリット

講演会やセミナーを開催するときには、外部から講師を招くこともあります。講演料を支払うことになるのですが、どのくらいかかるのか相場を知っておくと安心です。講演料は依頼する講師によって異なりますが、相場は5万円〜10万円程度と言われています。著名人や人気の講師の場合にはそれ以上になり、高ければ200万円という場合もあるようです。また、講演の内容によっても講演料は異なり、相場である5万円からのものは、壇上で講師が話すタイプの一般的な講演会がほとんどです。テキストなどが別に用意されることも少なく、あったとしても用紙1枚というような簡易な解説書になります。時間は90分から2時間程度で、会場を借りる場合やイベントに組み込む場合にもスケジュールを立てやすいメリットがあります。同じ講師に依頼しても講演料が高くなるのは、詳しいテキストを準備したり、ワークショップを行うなど、準備や講演に手間がかかるものです。内容についても、専門的なものになると相場以上の料金になることがあります。時間も長くなると講演料は上がるので、研修などで何度か壇上に上がってもらうときにはその分高額になります。交通費も支払う必要があるので、遠方から講師を招く場合には注意が必要です。外部の講師に依頼するとお金がかかりますが、その分野の専門家に話してもらうことよって、より深い知識を得ることができ、参加する価値のあるものとなります。人気の講師を招くこともできるので、イベントなどで集客したいときにも役立ち、地域の行事でも喜ばれるものとなります。