講演で把握しておくこと

ウーマン

知名度や専門性で異なる

専門の講師を招いて講演を行う場合、講演料の相場をあらかじめ把握しておかなければいけません。相場に沿った講演料を提示しなければ、講師に対して失礼になってしまいます。相場が分からないためにいくら支払っていいのか困ることもあるので、事前に相場に適した講演料を用意しておく必要があります。一般的な相場としては、講師の知名度にもよりますがだいたい5〜10万円です。これに知名度のある講師となると、20〜30万円ほどとなります。さらにタレントなどの芸能人クラスだと、50〜200万円など幅ひろくなります。こういった相場の基準を把握していれば、講演料の用意もしやすくなり、講演も依頼しやすくなります。ただし、講演料は講師が了解しなければ交渉成立とはなりません。ほとんどの場合、講演料が納得できずに断られるようなことはありませんが、あくまでも講演料は講師の判断として依頼しなければいけません。反対に、安い講演料で引き受けてくれる講師も中にはいます。これは講師にもよるので、相場よりも高くなったり安くなったりすることも理解しておくことが大切です。また、基本的に専門性の強い講演になると、講師の講演料も高くなる傾向があります。これは専門の知識を紹介する内容から、その知識に優れた講師でなければ講演は成り立ちません。求められる内容が強いほど、それに適した相場となってくるのです。専門分野の講演を行うときは、一般的な相場よりも高い基準で依頼するのが常識です。