講演会は講師で決まる

講義

講師によって異なる料金

企業で講師を呼んで講演会を開催する場合、講演会を成功させるための準備が必要となります。講演会を開催する企業は金融関連企業が多く、銀行、証券会社、保険会社などの金融機関が多く、自社で多くの会員や契約者を持つ企業が多く、とくにフィナンシャル関連の企業が顧客に対して行うサービス企画として有名講師を呼んで講演会を開きます。講演に呼ぶ講師に講演料を支払わなければいけません。講演料は講師によって異なり、各業界の知名度の高い人が講師となると講演料が高くなります。講演料の相場は講師により異なり、10万円以下からもっとも高額となると100円以上となります。10万円から30万円まで、30万円から50万円、50万円から100万円など異なる相場推移があり、有名タレントや業界有名人が講師になると所属事務所やプロダクションが求める料金基準が高くなります。ただし、高い相場の講演料が求められる人を講師に呼べば、講演会に足を運ぶ人も多く、人気が高まるため、顧客満足度を上げたり、会員や契約者の囲い込みが出来ることから費用対効果が見込めるというメリットがあります。フィナンシャル関連の企業であれば、その道の有名なアナリストやエコノミストなどを呼ぶケースが多いです。会員に新たな金融商品を勧めたり、投資に関する興味を引くために有名人を呼ぶことが良いでしょう。講演料の相場が低い場合は、それだけに聞く人の興味も薄いでしょう。準備としてポスターやチラシの配布が必要ですが、有名人であれば講師の写真の掲載がもっとも効果が高いと言われています。